心臓に特化した検査で病魔を発見【心筋梗塞に気をつけよう】

病院

自宅で受けられる医療

眠る男性

世田谷区には在宅医療を実施している医療機関が多くあり、上手に利用することで介護量の軽減を図ることができます。高齢化が進むに連れて施設サービスの利用は難しくなることが予想され、在宅で介護するケースは増えてきます。在宅医療はその様な家庭にとって大きな助けになります。

» 詳細

見過ごせない喉の痛み

女性の横顔

咽頭がんは症状があらわれた頃には進行していることが多いがんです。がんのできる部位によって症状も違ってきます。原因は過度の喫煙や飲酒、ヘルペスウィルス、貧血症などがあります。治療は放射線療法と化学療法、外科手術が行われます。

» 詳細

覚えておきたい予防法

検査を受けて予防

胸をおさえる男性

心筋梗塞は、ある日突然、発症する病気なのですが、実は発症に至るまでには経緯があります。従って、心筋梗塞は発症を予見できる病気であり、予防できる病気なのです。但し、発症に至る経緯に自覚症状がありませんので、多くのケースで、ある日突然、発症してしまっているのです。自覚症状がない経緯を確認する手段として有効なのが、検査です。とりわけ有効なのが、心臓ドッグです。ドッグという言葉で聞きなれているのは人間ドッグだと思いますが、人間ドッグが全身の検査なのに対し、心臓ドッグは心臓に特化した検査となります。もちろん特化しているだけあって、その内容こそ医療機関によって異なりますが、多角的に複数の心臓に関する検査を行いますので、心臓の状態を詳細に確認することができます。従って、心筋梗塞予防には非常に有効となります。

狭心症治療で予防

もう1つ、心筋梗塞予防で覚えておくべきことがあります。それは、狭心症という病気の存在です。狭心症と心筋梗塞は非常に似た病気であり、どちらも虚血性心疾患と呼ばれる病気です。虚血性心疾患というのは、心臓への血流が不足している病気なのですが、心筋梗塞は血流が閉ざされているのに対し、狭心症は僅かながらも血流があるという違いがあります。それに伴い、心筋梗塞は心筋が壊死してしまいますが、狭心症には壊死がないのです。また、どちらも胸に強い痛みを感じるのですが、その痛みは狭心症だと数分で治まります。痛みが治まると、そのまま放置してしまいがちですが、狭心症を発症すると、かなり高い確率で心筋梗塞を発症しますから、放置せずに医療機関を受診するべきです。言い換えれば、狭心症の治療が心筋梗塞予防になるということです。心臓に特化した検査で病魔を発見しましょう。

内分泌の異常

医者

甲状腺の病気は、自覚症状が少ないのが特徴です。不調の原因として認識されないことが多く問題視されています。今後は、甲状腺の病気の早期発見が求められていくでしょう。甲状腺の病気では、ホルモン検査や抗体検査、エコーなどの複数の検査が行われます。

» 詳細