心臓に特化した検査で病魔を発見【心筋梗塞に気をつけよう】

医者

自宅で受けられる医療

高齢化社会と医療

眠る男性

最近では多くのクリニックなどが在宅医療を行なっています。世田谷区においても複数の医療機関やクリニックなどが在宅医療を行なっており、自宅で必要な医療を受けられるようになっています。在宅医療が増えている大きな理由は高齢者の増加です。高齢者の中には介護が必要な状態の人が多くおり、体が不自由な為に通院が難しい人がたくさんいます。介護者が不足しているのも大きな問題であり、世田谷区などの都会においても核家族化が進んでおり、高齢者だけの家庭も多く存在します。通院は身体的にも時間的にも介護者に大きな負担をかけてしまいます。介護が必要な高齢者がいる家庭にとって在宅医療は非常に助かるサービスであり、通院の負担がなくなることで本人だけでなく、家族の日常生活の質は大きく向上します。

今後の展望

今後は団塊の世代が高齢化していきます。75歳を過ぎると介護が必要になる人が大きく増える傾向にあるため、数年後には大きく介護が必要な人が増えることになります。介護保険制度を利用すれば様々な介護サービスを利用することは可能ですが、施設サービスにおいては現在でも多くの申し込みがあり、順番待ちがある状況になっています。このような状況は世田谷区などの都会において顕著な為、世田谷区に住んでいる人の中には施設が利用できずに自宅での介護を余儀なくされるケースが出てくる可能性があります。その様なときに力を発揮するのが在宅医療です。通院の手間がなくなり、健康管理をしてくれることで介護量が増えることを防ぐ効果を期待することができます。