心臓に特化した検査で病魔を発見【心筋梗塞に気をつけよう】

医者

見過ごせない喉の痛み

部位によって違う症状

女性の横顔

咽頭がんになると喉の痛みや難聴、耳鳴り、扁桃腺の腫れ、声枯れなどの症状があらわれます。しかしこれらの症状があらわれた時にはかなり進行している場合があります。初期にはほとんど目立った症状があらわれないので早期発見が難しいがんだと考えられています。咽頭のどこにできたかでがんの症状は異なってきます。上咽頭にできた場合は脳神経や視神経に影響が出て神経痛や視力障害、難聴などの症状が出ます。中咽頭は扁桃腺がある部分なのでこれが炎症を起こしたりします。下咽頭にがんができると声枯れや呼吸がしにくくなったりする症状があらわれます。リンパ節に転移しやすいのも咽頭がんの特徴です。特に上咽頭がんの患者の多くに転移が見られます。

喫煙が大きな原因

咽頭がんになる原因は過度の喫煙や飲酒、貧血症、ヘルペスウィルスなどがあります。喫煙は肺がんや食道がん、喉頭がんなどの直接の原因ともなります。タバコの煙には発ガン性物質が含まれており、直接煙が通る咽頭はがん発生のリスクが高い場所です。クリニックでは内視鏡やX線CT、MRIを使った検査が行われます。治療の中心となるのは放射線療法と抗がん剤を使った化学療法です。がん細胞に放射線を照射することにより死滅させることができます。抗がん剤は放射線療法と併用して使われる場合もあります。がんの腫瘍が小さい場合は凍結療法やレーザーで焼いたりする方法もとられます。がん細胞が大きくなってしまった場合は外科手術で切除します。